コロナ禍で生存を守るために何が必要か-現場からの提言

■登壇者
今野晴貴(NPO法人POSSE代表理事)

稲葉剛(一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事)

藤田孝典(NPOほっとプラス理事。聖学院大学准教授)

竹信三恵子(ジャーナリスト。NPO法人官製ワーキングプア研究会理事)

大内裕和(中京大学教授・奨学金問題対策全国会議共同代表)

指宿昭一(弁護士。外国人労働者弁護団代表)

■開催日時・参加方法
6月13日(土)13時〜15時@Zoom開催

※参加を希望される方は、お名前・所属などを明記の上、下記メールアドレスにご連絡ください。担当者より、参加URLを送付いたします。

【連絡先メールアドレス☞】 forlife04info@gmail.com

■イベント趣旨
 新型コロナの感染が拡大するなかで、十分な補償がなされないまま、自粛や休業が「要請」されてきた。その結果、感染症だけではなく、多くの人々の生活/生存そのものが脅かされる危機が生じている。緊急事態宣言が解除された今も、生存の危機は解消されていない。
 このオンラインシンポジウムでは、コロナ禍のもと第一線で問題に取り組んできたネットワークのメンバーが登壇し、現場で何が起きているのかを報告する。そして、この間進められてきた政府の対応を検証し、今後人々の生存を守るために求められる政策を提案する。

■プログラム
・いま現場で何が起きているのか
・政府が進めているコロナ対策をどう考えるか
・今後どのような政策が求められるか

主催:生存のためのコロナ対策ネットワーク

#

7 Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA